思った以上に本やCDが売れなかった時の話

若い頃、お金がなくて本やCDを思い切って売ってそれをお金にしようと考えた事がありました。その時は漫画やCDをとにかく買い漁る人間で、まだ学生にもかかわらず家が漫画だらけで売るものには困っていませんでした。だから、これだけ売るのであればそれなりの金額になるだろうと考えて、前もってお金を遊びに使っていました。そして売却当日になって、売れるであろう人気漫画も持参して、丁寧にホコリを取ったり拭いたりと売れるために色々とした段階でお店に運びました。結果はかなりの撃沈でした。想定していたよりも半分ほどは少なかったので、当時本やCDがこれだけ売れないものだとは知らなかったためかなりショックを受けました。売れたのは自信のあった人気漫画だけで、それ以外の本は本当にちょっとした金額しか付きませんでした。中には10円や20円と言ったものもあったので、そんな値段なら売るよりも取っておいた方がマシだと思ったので、いくつかは売らずに手元に戻す事にしました。売れる想定をしていてお金を使っていたので、その時期はひたすらお金に困ったものでした。これからは漫画やCDは出来るだけ売らないようにと心に誓いました。それから、ゲームや漫画を売る事は何度かありましたが金額に期待をして、お金の無駄遣いをするような事はなくなりました。ですから、今ではそれで困るような事はありません。心構えもお金を無駄に使わないためには重要ですね。プロミス 審査時間

このページの先頭へ